北海道開発技術センター ENGLISH
dec概要
事業・自主研究
シンポジウム関連
出版刊行物
decマンスリー
採用情報
リンク
お問い合わせ先
Get Flash Playerこのサイトをご覧いただくためにはFlashPlayerが必要です。こちらから最新版のFlashPlayerをダウンロードしてください。

▽ 関係リンク ▽
ふゆとぴあ2017 寒地技術シンポジウム 野生生物と交通
転ばないコツ教えますホームページ
北海道EV・PHV普及促進検討研究会
シーニックバイウェイ北海道推進協議会
What't New Last update.2016.9.6
2016年9月1日 平成28年度北海道開発局優良工事等表彰を受賞しました
2016年9月1日 decマンスリー9月号がPDFでご覧いただけます。
2016年8月16日 平成27年度調査研究結果概要を掲載いたしました。
2016年8月2日 インターンシップについて定員となりましたので募集終了いたしました
2016年8月1日 decマンスリー8月号がPDFでご覧いただけます。
2016年7月22日 8月9日開催「ボランティア活動による次なるイノベーションの展望と課題(仮)」のご案内を掲載しました。
2016年7月5日 インターンシップの募集情報を掲載しました。
2016年7月1日 decマンスリー7月号がPDFでご覧いただけます。
2016年6月15日 decマンスリー6月号がPDFでご覧いただけます。
2016年5月2日 decマンスリー5月号がPDFでご覧いただけます。
2016年4月28日 東北事務所が移転しました。
2016年4月13日 decマンスリー4月号がPDFでご覧いただけます。
>> [What's New] Back Number

今月のひとこと >> これまでのひとこと

そば  毎回、ものすごい集客力のある幌加内の「新そば祭り2016」に行ってきました。全国各地の蕎麦好き・同好会などが集り、もの凄い数の「そばのブース」ができます。一食で十分だろう、と行く前は思うのですが、色んな地域の味を楽しめるように、量も金額もお店で食べるときの半分程度に設定されていて、私は5種類も食べてしまいました。でもやはり、「そば」というたった一つの素材だけで、こんなにも多くの人が集るのが不思議なものです。今年の参加人数がどれくらいなのかはまだわかりませんが、例年だと、1日6時間程度×2日間で、4万人は越えているようです。味にも、食べ方にも、見せ方にも工夫があり、人が来てこそ成立する観光イベントとしてのあり方、を考えさせられる1日でした。(mami)


一般社団法人 北海道開発技術センター
〒001-0011 札幌市北区北11条西2丁目2番17号 セントラル札幌北ビル3F・4F
【総務部】TEL:(011)738-3361/FAX:(011)738-1886
【企画部】TEL(011)738-3362 / FAX(011)738-1887
【調査研究部】TEL(011)738-3363 / FAX(011)738-1889
【地域政策研究所】TEL(011)738-3364 / FAX(011)738-1890
E-mail :

本サイト上に掲載されている情報内容は、当センターに帰属しています。
本サイトに掲載の文章・画像・写真などを無断で複製することは法律で禁じられています。
copyright(C)2004 Hokkaido Development Engineering Center All right reserved.