寒地技術シンポジウムは,対象分野を北国の実生活の中に広く求め,異分野間の意見交換を通して,北国の新しい技術的発展を図ることを目的としています。

お知らせ

2021/12/15
第38回寒地技術シンポジウム(2022年11月30日~12月2日)はおかげさまで盛況のうちに終了しました。
多数のご参加誠にありがとうございました。

過去の「お知らせ」

シンポジウム情報

第38回寒地技術シンポジウム

開催日:2022年11月30日(水)~12月2日(金)
会場:札幌市教育文化会館(札幌市中央区北1条西13丁目)
○第38回寒地技術シンポジウムプログラム
-------------------------------------
【シンポジウム現地開催に際しての感染予防対策】
1.受付に体温計を設置し、体温測定を行います。
2.参加者、発表者のマスクを常時着用とします。
3.事前登録により参加者連絡先を把握するとともに、対面受付での接触機会を減少させます。
4.マイク、供用設備の定期的な消毒を行います。
5.分科会会場において発表者及び質問者用スペースを設けます。
6.会場の換気を徹底します。
7.受付及び会場内に消毒用エタノールを設置します。

一般社団法人北海道開発技術センター
論文名検索
日本雪工学会との技術論文投稿に関する覚書調印について
トップへ戻る